スマイさんの家 母娘の家

お母さまとその娘さま、「2人で暮らす家」の計画です。また、近所に暮らす妹家族さん達(次女家族、三女家族)を時として迎える、みんなにとっての「実家」の計画でもあります。

「住み慣れた土地で。年月が経った先代の家屋を建て替えて、 “これから” を暮らしていくための、取り回しの良いコンパクトな良い家をつくってほしいんです」との想いをスマイさん(仮名)に告げられて、この家づくりは始まりました。

お孫さんがすぐ近所のおばあちゃんの家に遊びに来たり、ピアノを習いにきたり。そんな家の日常であったり。

この家でリモートワークをこなす娘さんの日常であったり。

皆が集う家であり、2人で共にする家でもあり、1人ずつそれぞれの家でもある。そんな家の計画。

この間取りはお見合い期間中に生まれた「たとえばプラン第2案」です。

スマイさんと暮らし図は現在、お見合い期間中です。お見合いを通じて色々な対話を重ねはじめている最中です。少しずつ2人(母娘)のことを知り重ねる過程や、おぼろげながらも家の姿が少しずつ見えてくる過程は、やはりおもしろいものです。これぞ、家づくり。

お見合い期間について:
まずは通称「お見合い期間」を、
数ヶ月ほど。